転職サイトによって持ち味はことなります!

看護師求人支援サイト選びのコツ

看護師の転職ツールとして、いまやなくてなならない存在となった看護師のための転職支援サイト。求職者である看護師自身のニーズ、また人材を求める病院や企業・施設などの採用側によるニーズに支えられ、現在でもその数は増え続けています。

実際、多くの転職希望の看護師が転職支援サイトによって新たなスタートを切っています。転職を意識するのであれば、ぜひ登録をしておきたいものですね。転職を希望する看護師の皆さんは、これらのサイトから自分にマッチしたサイトを選び転職成功を目指す必要があるのです。
保育園看護師に強い求人サイトは?

では、看護師の転職支援サイト選びではどのようなポイントをチェックすれば良いのでしょうか?ここでは、看護師の転職支援サイト選びで重要なポイントをご紹介致します。
公益社団法人 静岡県看護協会

(1)プライバシーマーク
看護師の転職支援サイトは、会員棟登録をしなければサービスを受ける事が出来ません。会員登録では、当然あなた自身の個人情報を入植する必要があるのです。サイト内の個人情報管理について、事前にチェックしておく事をお勧めします。

厳しい基準をクリアしなければ取得できない「プライバシーマーク」を取得している事がわかれば、そのサイトは安心して利用できる事がわかります。

(2)求人数
当然ですが、多くの求人を抱えている事は、それだけ多くの選択肢を持っているという事です。より多くの情報を抱えるサイトを選ぶ事で、あなたにマッチした職場を見つけ出す可能性を高めましょう。

(3)有料職業紹介事業者
有料職業紹介事業者とは、厚生労働省から出される転職支援事業の免許の事です。なかにはこの免許を持た不認可で転職サービスを行っているサイトもあると言われていますので、前もってサイト内の会社概要をチェックし、事業者番号があるかを確かめておきましょう。

(4)直接面談
多くの場合、コンサルタントとの面談は電話で行われています。電話での面談が悪い、という訳ではありませんが、やはり直接会って面談を行ってくれる事にこした事はありません。直接面談を行っているサイトという事は、それだけ気が利く、きめ細やかなサービスが期待できるサイトである事が期待できます。

コンサルタントの存在は、転職支援サイト利用の最大のメリットであると言っても過言ではありません。 出来るだけ充実したサイトを選びたいものですね。

看護師復職のための勉強方法

看護師として働いていたものの何らかの理由によって職場を離れてしまったという人もいるでしょう。 その場合、ブランクが長くなればなるほど復職しにくい状態になってしまいます。 ですが、せっかく看護師という資格を取得したのであれば復職を目指してみてはどうでしょうか。

なかなか自信が持てないということであれば、復職に役立つ勉強をすることをおすすめします。 看護師として仕事を再開する以上、自分が担当する分野の学習はしっかり行っておいたほうがいいでしょう。

また、看護技術に関しても勉強しておいたほうがいいです。 多くの人は、自分の知識でやっていくことができるのか?新たに覚えなければならないことはないのか?と不安を感じ復職に踏み切れないようです。

特に技術面での不安というのは大きいと思うので、看護技術をしっかり復習しておきましょう。 ただ、自己流での勉強では学べることが限られているため、完全に自信をつけることは難しいかもしれません。

そこで、各地域の医療機関などが開催している看護師復職支援セミナーに参加してみてはどうでしょうか。

開催している地域は限られているため住んでいる地域によってはなかなかセミナーが見つからないこともあるかもしれませんが、開催情報を調べてみるといいでしょう。

本だけでは学ぶことができないような技術も学ぶことができるので、看護師として復職する際には非常に役立ってくれるはずです。

また、復職支援セミナーの中にはそのまま求人情報などを紹介してくれるところもあるので、自分に合った職場探しにも役立ってくれるのではないでしょうか。 実際に医療器具にも触れることができるので、ブランクが長い方もたくさん参加しています。

他には友達の看護師から話を聞くというのも看護師復職のためにおすすめです。 何年も現場から離れてしまうと今現在看護師の職場環境がどのようになっているのか想像がつきにくいかもしれませんが、今も看護師として働いている友人がいればいろいろ聞いてみましょう。

救急の仕事内容

救急外来や救急救命センターで働いた経験があると、他の職場に転職をする際にも有利になります。 ですが、言い換えてみれば様々な経験を積むことができるもののそれだけ忙しい職場であるということです。

救急といえばその名の通りすぐに対処をしなければならない患者さんが集まるところですよね。

全国的に見ると医師の数というのは不足しており、どうしても医師だけでは患者さんの治療をすることができない状況となっています。 そこで大切な役割を担うことになるのが看護師です。

緊急には様々な症状の患者さんが訪れるわけなので、より素早く正確に医師や患者さんをサポートする必要があります。 ただ、残念ながら命を助けることができないケースがあるということも理解しておかなければなりません。

そういった状況に立ち会うことになってしまったとしても、強い意志を持って乗り越えられる人でなければ救急での仕事を勤め上げることは難しいでしょう。

それから、救急で働くとなるとどうしても必要になってくるのが体力です。 仕事をしている間は常に忙しく走り回らなければならないことも多く、精神力だけでなく体力も大きく消耗します。

体力がついていかなかったために救急の現場から離れる看護師も珍しくないので、体力がない方には向かないと言えるでしょう。そして体力以上に必要だと言われているのが精神力です。

助かるかどうか分からないような患者さんと接することもありますが、そのような場面でも強い意志を持って最良の治療を提供できる人でなければなりません。

こういったこともあり、救急で働く看護師の給料は高めに設定されています。 ただ、とにかく忙しいということもあり、働きに応じた給料がもらえていないと感じる看護師も多いようです。

そういったことを考えると、給料が高いという理由だけで救急を選択してしまうと長続きさせることが難しくなってしまいます。

とてもやりがいがある職場ではありますが、ある程度看護師としての経験と知識を積んだ人でなければ働くことは難しいでしょう。

↑ PAGE TOP