美容外科看護師になる前の注意点について

美容外科を希望する看護師が注意すべきこと!

看護師の中で、美容外科への転職は人気があるようですが、デメリットがあることも認識しておくべきでしょう。例えば、美容外科勤務の看護師からの意見で多いのが、「スキルアップが難しい」という点です。

美容外科に勤務した場合、他の診療科に勤務している看護師と比べて習得できる看護技術に差がでてくる問題が生じてきます。転職することなく、美容外科に勤務するのならば支障もないでしょうが、一般的な病院に勤めたいという気持ちがあるのならば、美容外科を選択するのは慎重になった方がよさそうです。

病院勤務と比較すると、美容外科勤務の場合、毎日が単純作業といっても過言ではありません。そのため、看護師としてのやりがいを失ってしまう方もいらっしゃいます。やりがいを感じなくなってくると、他の職場への転職を考えてしまうもの‥。そうなったときに、看護技術が身についてないと転職も難しくなります。

美容外科は独特な面があり、売上ノルマを要するところもあります。一般的な病院では売上ノルマなどありませんから、企業の営業職のようにノルマ達成に悩むことまずありませんが、美容外科の場合は、そうもいってられないようです。

ノルマを達成できずにストレスを抱え込んでしまい、それが原因で辞める方もいらっしゃいます。美容外科を希望する場合には、売上ノルマがあるのかどうか事前に確認することが大切です。

また、クレームやトラブルも美容外科の方が起きやすいでしょう。美容外科に通う患者さんは、病を抱えているわけではありません。高い美意識を持って来院されるわけですから、施術の仕上がりには神経質になる方が多い傾向にあります。高額な費用をかけて施術するわけですから、当然のことかもしれません。

そのため、納得いかない仕上がりの場合には、クレームを挙げてきます。中には、看護師の態度に不満を感じてクレームを挙げる患者さんもいらっしゃるほどです。

美容外科に勤務する場合には、患者さんではなく、お客様という意識をもって対応するように心がけることが看護師に求められるでしょう。

↑ PAGE TOP