内科で働く看護師の仕事について

内科への転職を考えている看護師へ…

内科には、一般内科以外に専門内科があります。例えば、呼吸器内科、脳神経内科、消火器内科等々といった専門的な分野の内科です。病気の原因や症状が特定できる患者さんは専門内科を受診することになりますが、初期症状の段階ではっきりと特定できない場合、初めに訪れるのは一般内科であることが多いでしょう。

また、一般内科にはクリニックや病院がありますが、医療技術や設備等の面で違いがみられます。例えば、風邪などの場合は、クリニックや診療所でも対応できますが、疾患によっては更に高い医療技術や設備が必要になりますので、総合病院の一般内科で診てもらうことになります。

このように、内科で働くといっても、クリニックや病院では業務内容が違ってきます。

内科で働いた場合、高齢患者さんに対応することも多くなりますので、外科よりも患者さんに寄り添うような看護をすることができます。患者さんの日頃の様子をみながら、微妙な変化を掴み取ることができるようになります。洞察力が身につきます。これは内科勤務ならではの、メリットだと言えるでしょう。

内科は慢性期や終末期の患者さんに接することが多いので、ご家族と接する機会が増えることになります。患者さんとご家族に寄り添った看護になりますので、看護師として内面的な成長ができます。内科独特のやりがいを感じている看護師が多いのも、こういった背景があるからでしょう。

ただ、勿論、デメリットもあります。内科勤務になると、外科で携わるような処置やオペから遠のいてしまいますので、「スキルアップができない‥」「外科勤務は無理かも‥」といった不安材料はでてくるようです。

また、外科の患者さんのように治療期間がありませんので、治療効果が見えにくい部分もありますし、残業も外科に比べて多いようです。

内科勤務のメリット、デメリットをよく考えて職場選びをすることが大切ですが、性格的に向き不向きはあるでしょう。お勧めしたいのは、患者さんとそのご家族に寄り添うような看護をしたいと感じている方でしょう。

↑ PAGE TOP